バレずに正確な追跡◎ GPS完全ガイド ➡︎ click

【実証済み】不倫の因果応報には根拠があった|身を滅ぼすドーパミンの罠

因果応報

不倫する奴には因果応報があるって本当?酷い裏切りしたくせに、思い通りだなんて許せないよ。

夫の不倫により離婚。

シタ夫がのうのうと生きていくのは、とても許せることではありませんよね。

自ら天罰を下したい気持ちに駆られながらも、実行できずに悔しい思いをする人は多いでしょう。

サレ妻あんず

因果応報と言われても、神様が見てるなんて信じられないよ。

ラーコ

私も同じ。自分ばかり人生損した気持ちになっていたよ。

しかし、不倫の因果応報には根拠があります

因果応報の神様は、シタ夫の脳内にいるのです。

不倫する人間の人生は孤独。

それは、脳科学的に実証されています。

この記事では、精神科医・樺沢紫苑氏の著書「3つの幸福」を参考にしながら、幸せと不倫の関連性を解説していきます。

ラーコ

不倫人間がいかに愚かで、堕ちぶれることが必然的か、理解できるはずです。

あなた自身の生き方を見つめるキッカケにもなるでしょう。

\ 本記事の参考著書 /

筆者ラーコはこんな人!
  • 妊娠中から元夫が職場不倫
  • 娘1歳のとき離婚
  • 5年半シングルマザー
  • 現在はステップファミリー
  • 夫婦心理カウンセラー
シタ夫は
勝手に堕ちる

運営者プロフィール / (@gesumake)

目次

幸せをつくる3つの脳内物質

人は幸せを感じるとき、主に3つの脳内物質が分泌されます。

セロトニン・オキシトシン・ドーパミン

3つの幸福の特徴から、幸せの本質について考えていきます。

\ 本著の内容をまとめた動画 /

セロトニン・オキシトシン・ドーパミン

幸福は次の3つに分類されます。

  • セロトニン的幸福
  • オキシトシン的幸福
  • ドーパミン的幸福
3つの幸福

セロトニン的幸福

セロトニン的幸福=健康の幸福

  • 天気が良くて心地よい
  • 今日も身体の調子が良い
  • 好きな香りに癒される など

心身の健康を感じたときの幸福感が、セロトニン的幸福です。

オキシトシン的幸福

オキシトシン的幸福=つながりと愛の幸福

  • 家族と談笑している時間
  • 友人との食事
  • 夫婦で寄り添う安心感 など

人とのつながりの中で得られる、心温まる穏やかな感情が、オキシトシン的幸福です。

ドーパミン的幸福

ドーパミン的幸福=成功・達成などの幸福

  • 難しい試験に合格した
  • 仕事で評価される
  • お金をたくさん得られる

目標を達成したり、何かを得られたときに感じる幸せが、ドーパミン的幸福。

ドキドキした高揚感を伴うのが特徴です。

ラーコ

3つの幸福は「どれかひとつあれば幸せ」というわけではありません。

積み上げるべき優先順位が決まっています。

幸せには優先順位がある

3つの幸福の優先順位が整っていれば、幸せを大きくふやすことができます。

【3つの幸福の優先順位】

セロトニン的幸福➡︎オキシトシン的幸福➡︎ドーパミン的幸福

幸福のピラミッド
引用元:3つの幸福

心身の健康があり、つながり愛を感じつつ、目標達成に向けて頑張れる。

ドーパミン的幸福は一番最後です。この順番を間違えると、幸福になるどころか、むしろおもいっきり不幸になる可能性もあります。

引用元:3つの幸福

幸福の優先順位を間違えた例

ドーパミン的幸福>セロトニン的幸福

お金や社会的評価のために仕事をしすぎて、体調を壊す。

オキシトシン的幸福>セロトニン的幸福

家族がいても、体調が悪い状態では、幸せを感じる余裕がない。

ドーパミン的幸福>オキシトシン的幸福

評価のために仕事をしすぎて、家族との時間が取れず、妻子が離れる。

幸福の崩壊

健康・つながりを大切にできる人は、信頼も得られ、大きな幸福につながります。

セロトニン&オキシトシン的幸福は、幸せの土台。

逆に、土台なくして刺激ある幸せを求める限り、幸せにはなれないのです。

減る幸福|ドーパミンの罠

ドーパミン的幸福には、2つの重大な落とし穴があります。

ドーパミン的幸福の罠
  • 幸福度合いは減っていく
  • 幸福感に永続性はない

高揚感を伴う幸福は、急激に大きくなりますが、次第に色あせます

例えば、500万円貯蓄という目標を立て、到達すれば喜びは大きいですよね。

しかしすぐにその幸福感は減り、1,000万円…3,000万円…とキリがありません。

ラーコ

もっと簡単に手に入るものならどうでしょう。

お酒、タバコ、クスリ、性的欲求…。

一定量では幸福を感じられなくなり、さらにたくさんの刺激を追い求めます。

ドーパミン的幸福には、依存性があるのです。

減る幸福・減らない幸福
引用元:3つの幸福

また、高揚感は長くは続きません
ドキドキ感に幸福を感じられるのは、2〜3年が限度。

サレ妻あんず

ひとつの刺激が終わったとしても、新たな刺激に取って代わるだけなんだね。

ドーパミン的幸福には、依存的傾向がある。追い求めるほど、幸せから遠のく。

減らない幸福|オキシトシンの力

ラーコ

逆にオキシトシン的幸福は、減りにくい幸福です。

赤ちゃんを抱っこして可愛いと思う感情は、なくなりませんよね?

ドーパミン的幸福は、自らを満たすために追い求める幸福。いわば自己愛。

対し、オキシトシン的幸福は、すでにそこにある幸福です。

ドーパミン・オキシトシン
引用元:3つの幸福

家族がいる、気のゆるせる友人がいる。
その存在に気づくことで、心が満たされます。

そして心の温かみが消えることはありません。

オキシトシン的幸福は減らない。
存在認識するほど、幸せを実感できる。

また、オキシトシン的幸福は、セロトニン的幸福にも影響します。

サレ妻あんず

人とのつながり不足は、心身の健康が脅かされている状態だね。

逆に、人とのつながり愛で満たされていると、心身ともに元気で活力が湧いてきます。

人を大切にできる人間は、一番強いということです。

不倫はドーパミン大・オキシトシン小の状態

幸せの歪み

不倫する人間は、幸福の優先順位が狂っています

ドーパミンがドバドバ溢れ、オキシトシンが感じられない状態。

  • 家族で過ごす温かな感情
  • 子どもの笑顔の大切さ
  • 夫婦間の穏やかな愛情

これらを見失います。

サレ妻あんず

うちの場合、不倫相手に本気みたい。

ラーコ

いいえ。ほとんどの不倫が、自分を満たすだけのドーパミンだよ。

よほど、夫婦関係に大きな欠陥があり、家庭崩壊していたなら話は別です。

しかし、

  • 夫婦関係が良好な中での不倫
  • 多少夫婦に相容れない部分がある中での不倫

それらは全て、ドーパミンに負けただけのこと。

問題にぶち当たらない夫婦はいません

それが理由の不倫なら、一緒に解決する姿勢を放棄し、快楽に逃げただけ。

簡単に得られた快楽を、本気と錯覚している状態です。

ラーコ

元夫も、夫婦仲は良かったはずなのに、不倫にのめり込んでいきました。

それは、サレ側が満たしていたオキシトシンにあぐらをかき、自己愛に走った結果。

決して不倫相手が大切なわけではありません。

サレ妻あんず

自分が大切なだけの人間なんだね。

不倫=幸福の積み上げる順番が崩壊した状態

不倫が因果応報をもたらす理由

不倫の因果応報
サレ妻あんず

結局シタ夫自身が満たされるなら、因果応報なんてないんじゃない?

因果応報はあります。

ドーパミンの性質を考えたら、不幸は必然です。

不倫が因果応報をもたらす理由は以下の通り。

理由① 不倫には依存性があるから

不倫には依存性があります。

高揚感を伴うドーパミン的幸福は、簡単に手放すことができません。

ドーパミン的な快楽は、「底なし沼」です。一度はまると抜け出すことは難しく、ズブズブと呑み込まれてしまうのです。

引用元:3つの幸福

始めは遊びのつもりでも、一定量の刺激では物足りずに、加速。

  • 休日の家族との時間を犠牲にする
  • 残業と嘘をつき、帰宅時間が遅くなる
  • 隙間時間は全て不倫相手に費やす

わずかにあったオキシトシンも萎んでいきます。

家族を犠牲にしてでも、刺激から抜け出せなくなる。

理由② 今ある幸せに気づかないから

不倫する人間は、今ある幸せには目を向けません。

オキシトシン的幸福に幸せを見いだせないから。

家族という温かな幸せよりも、刺激的な恋愛・性欲に喜びを感じます

その時間を脅かす妻を攻撃することも。

ラーコ

元夫は私と娘を邪魔者扱いし、不倫相手との時間確保に努めていました。

刺激ある幸福を得続けるために、本当に自分を大切にしてくれる人たちに敵意を向ける始末。

自分を大切にしてくれる人の存在を軽視すると、みるみる人は離れていく。

理由③ 刺激に永続性はないから

サレ妻あんず

妻子が離れたとしても、不倫相手と一緒になれれば、幸せなんじゃない?

ラーコ

その幸せ、早かれ遅かれ終わるよ。

ドーパミン的幸福には、永続性がありません。

仮に不倫相手と再婚したとしても、シタ夫は別の刺激を探し、不倫を繰り返します。

ドーパミン的愛情のリミットは2〜3年。「燃え上がるような愛情は2年しか続かない」と思っておいた方がいいです。

引用元:3つの幸福
サレ妻あんず

知り合いの旦那は、2年以上不倫継続しているよ?やっぱり本気?

ラーコ

違うよ。ただ目標達成してないから、刺激が続いてるだけ。

ドーパミン的幸福は、目標達成の幸福。

不倫相手と一緒になれないうちは、目標達成まで刺激が持続する場合があります。

しかし達成後は、刺激から得られる幸福は続きません

通常であれば、ドーパミン愛からオキシトシン愛へと徐々に変化しますが、シタ夫はドーパミンでしか幸せを感じられない人間。

  • 不倫女がドーパミンの対象から外れる
  • 不倫女はオキシトシンの対象にはならない

新たな刺激を探し始めます。

簡単に手に入る、大きな刺激「不倫」は繰り返される。

理由④ つながり愛低下は健康を害するから

オキシトシン的幸福は、セロトニン的幸福に大きく影響します。

人とのつながりの中で得られる温かな感情は、心身を健康に。

逆に孤独な人間は、健康が損なわれていきます

「孤独」となりオキシトシン的幸福が失われると、「健康」というセロトニン的幸福も連鎖的に失われてしまうのです。

引用元:3つの幸福
ラーコ

元夫は、睡眠時間まで削り不倫に没頭。怖い目つき&痩せ細り、不健康まっしぐらでした。

孤独人間の寿命は短いとの研究結果も。

孤独
引用元:ブレインメンタル大全

今ある幸せに目を向けず、人を大切にできない人間は、心身ともに壊れていく。

理由⑤ 気づいたときには孤独だから

不倫する人間の未来は、孤独です。

周りからの信用をなくすから。

家族はもちろん、友人や、職場の人間も。

サレ妻あんず

友人や職場は、不倫なんて知らないよ?

ラーコ

自分の欲が最優先の姿勢は、不倫以外のところにも出るよ。

いくら表向きは人当たりが良くても、その取り繕いはバレるもの

不倫中の元夫。

  • 上司にゴマすり、後輩には圧力
  • あからさまに同僚を見下す態度
  • 友人を不倫のカモフラージュに利用

自分最優先で、他人を利用するだけの人間は、いつかしっぺ返しを喰らうものです。

ラーコ

元夫は不倫の結果、最も仲の良かった友人たちを失いました。

自分を大切に思う人間は、いつの間にか、どこにもいません。

誰も残らない。
残っても、自分を利用しようとする人間のみ。

不倫人間に待つのは、味方のいない、孤独な世界。


サレ妻あんず

自分がこんな残念な人間でなかったのが、唯一の救い。

実はシタ夫よりも、サレ妻の方が幸せになれるのです。

サレた側の方が幸せになれる理由

サレ妻の幸せ

不倫サレた側は、心も人生も壊され、立ち直る自信をなくしがち。

ラーコ

私も人生に絶望し、希望なんて見出せませんでした。

しかし、サレ妻は幸せになれます。必ず。

元夫との離婚から、5年半シングルマザーを経験した私。不倫サレなんて、二度としたくない経験。

ただこの経験をしたからこそ、それまで以上に、自分の生き方に誇りを持てるようになりました。

理由① 今ある幸せに気づけるから

サレた側は、つながり愛の大切さを知っています。

ドキドキした高揚感ではなく、穏やかな愛情に幸せを感じられる。

オキシトシン的幸福は、3つの幸福の要です。

サレ妻あんず

でも今は、不倫で人が信用できないんだ。

今は一時的に、オキシトシン的幸福が傷つけられた状態かもしれません。

ラーコ

私の場合、サレ経験をしたからこそ、人の温かさを再認識できました。

  • 自分ごとのように寄り添う友人
  • 一緒に戦ってくれる家族
  • ただそばにいてくれる娘

とても苦しく、不安、孤独で壊れそうな私が何とか生きてこれたのは、人の支えがあったからこそ。

人間の愚かさを知ると同時に、人の温かさ・有り難さも再認識できたのです。

そして絶望を見た分、当たり前の日常に幸せを感じることもできます。

  • 今ここにある幸せ
  • 自分を大切にしてくれる人の大切さ

以前の自分よりも、それに気づける人間になれているはず。

ラーコ

不倫シタ側には絶対に得られない、大切な感情です。

理由② 人を大切にできるから

人の温かさを実感できるあなたは、人を大切にすることもできます。

  • 傷を負った分、人の痛みに寄り添える
  • 自己愛に走る愚かさを知っている
  • 支えれくれた人を、全力で支えたい
ラーコ

救われるような温かな感情を知っているあなたは、それだけで強いんです。

私欲ではなく、人のために動く姿勢は、必ず周りに伝わります。

人に信頼され、味方ができる。
大切な人たちから大切にされていく。

そんな自分を、今まで以上に好きになれるはずです。

現に、自分自身辛く苦しい中で、子どもの未来を思い、必死に不倫と戦っている。

そんなあなたが、幸せになれないはず、ないんです。

ラーコ

私も不倫の渦中にいた頃は、絶望感に押しつぶされそうでした。

現状を見ても、未来を考えても、

しかしその中で、気づけた温かさがありました。

それを糧に、必死で生きた。

離婚して6年。

ラーコ

今私の周りには、大切な人たちがたくさんいます。

元夫より100倍幸せな人生を生きていると、胸を張って言える。

断言しても良いです。

自分を大切にしてくれる人を全力で大切にする。そうすればあなたは、誰かの大切な人になる。

脳科学の結論でもあり、不倫サレから6年間生きた、私の結論でもあります。


まとめ|不倫の因果応報は必然的

因果応報

不倫の因果応報はあります。

  • 幸福の優先順位を間違えた先は不幸
  • 不倫はただドーパミンに侵された状態
  • 刺激ある幸福優先で心は満たされない
  • 今ある幸せを軽視する人間は孤独
  • 人を大切にできる人は信頼される

今は辛く悔しく、未来なんて見えないかもしれません。因果応報なんて、信じられないでしょう。

罰を受ける姿をこの目で見たい!
そう願いますよね。

以前の私と同じように。

ラーコ

しかし、不倫する人間は、いつか勝手に地に堕ちます。

それは、脳科学で実証された結論。

欲に必死な人間に、あなたはなりたいですか?
人を傷つけても平気な人間が、幸せに見えますか?

大切なのは、あなたがどう生きるか。
子どもとどう笑顔で過ごすか。

幸せの尊さ、側にいてくれる人の大切さを知っているあなたは、最強です。


不倫の因果応報は必然でも、制裁は必要です。悔しい思いが残り続けるから。

そのためにも、証拠を確保し、慰謝料・養育費の取り決めは必ず行いましょう。

探偵選びに迷ったら、探偵さがしのタントくんをおすすめしています。

\ 今回紹介した著書はコチラ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる