バレずに正確な追跡◎ GPS完全ガイド ➡︎ click

優しかった夫が不倫で別人になる理由|妻への攻撃を正当化する5つの心理&対処法

不倫で別人になる理由
  • なぜ辛い気持ちわかってくれないの?
  • 私や子どものことはどうでも良いの?
  • 仲良かったのになぜ変わったの?

長年愛情を積み重ね、共に生きると信じて疑わなかった夫。

そこに突如降りかかった不倫問題。

その途端、優しかったはずの夫の攻撃的な姿に、混乱する方も多いでしょう。

サレ妻あんず

苦しさわかってくれないどころか、私が悪いみたいに言ってくるんだ。

不倫だけでも十分辛いこと。それなのに感情を否定され、おかしい奴扱いされ、あなたの心はグチャグチャになって当然です。

ラーコ

そのようなシタは、自己愛人間の可能性があります。

筆者自身も元サレ妻。かつて自己愛傾向の強い元夫に、精神が壊されかけました。

自己愛人間は、自分を守るため妻を攻撃。妻がいくら苦しもうと「俺悪くない」という思考。

この記事では、現夫婦心理カウンセラーの筆者が、不倫で攻撃的になる心理とその対処法について解説します。

理屈を知らなければ、適切な対処とは真逆の行動をとってしまいがち。

まずは現実を知ることから始めましょう。

筆者ラーコはこんな人!
  • 妊娠中から元夫が職場不倫
  • 娘1際のとき離婚
  • 5年半シングルマザー
  • 現在はステップファミリー
  • 夫婦心理カウンセラー
攻撃性は
劣等感の表れ

運営者プロフィール / (@gesumake)

目次

優しかった夫が不倫で別人になる【6ステップ】

別人になる6ステップ

本来人と人は、愛情や思いやりで繋がっていくものだと思いますよね。

ましてや夫とは、ずっと支え合って生きていくと信じ結婚したはず。

しかし自己愛人間には「これをしたら相手を傷つけてしまう」という感覚がないため、不倫のハードルが非常に低いのです。

自己愛人間とは

歪んだ自己愛を抱える人間。空想上のイケてる自分に過剰な愛を持ち、それを本当の自分と思い込むことで脆い自己を支える。
この傾向が強いと、自己愛性パーソナリティ障害と診断されることも。

>>自己愛性のシタ夫【10の特徴】

ラーコ

攻撃的な姿勢には、段階と理由があります。

STEP
異性に理想像を抱く

自己愛人間は、他者に高い理想を抱いています。

仕事でもプライベートでも、相手に「これくらいできて当たり前」「できない奴には価値がない」という思考。

特に異性への理想は強く、常に理想的な女性を探し求めています。

  • 自分の好みに合う容姿
  • 自分を上手く立ててくれる女性
  • 自分の意見を否定しない女性

自尊心を満たしてくれる女性を常に必要とします。

STEP
優しさをもって近づく

そして出会ったのがあなた。

自己愛人間はターゲットを見つけると、自分のものにするため優しさを持って近づきます。

  • 「他の女性とは違う」と褒める
  • プレゼントやサプライズ
  • 一緒に生きる未来を語る

思いやりがあり愛情深い彼の姿に、「こんなに私を愛してくれる人はいない」と思い結婚。自己愛人間は結婚後も変わらず優しく接します。

あなたが自尊心満たしのターゲットであるうちは。

STEP
家族の成長を受け入れない

結婚や出産など家族として過ごす中で、あなたは家族のステップを歩みます。

  • 親族間の関係維持
  • 出産の辛さ
  • 子どもとの関わり

その現実を乗り越えながら、夫と愛情を育んできました。

しかし自己愛人間が求めているものは、家族の成長や絆ではありません。

結婚前から一貫して「自尊心を満たすこと」。

だから妻の些細な変化を「理想から外れた」と判断します。

STEP
新たなターゲットの発掘

自尊心満たしの新たなターゲットを見つけます。

不倫の始まりです。

俺様をおだててくれ、否定もせず、欲も満たしてくれる存在。

それを愛と勘違い。そこにあるのは、歪んだ自分への愛だけです。

自己愛人間はターゲットを変えた瞬間、前のターゲットである妻を無価値化する。

STEP
自分を邪魔する者は敵

夫の変化に気づいた妻は、以下の行動に出がち。

  • 本人に違和感を指摘
  • 辛い感情を訴える
  • 行動を把握しようとする

しかし夫は「自尊心を満たすこと」に執念を抱いています。それを妨害してくるあなたは敵。

あなたを黙らせるため、【カバートアグレッション】という陰湿な手口で精神的に弱らせます。

無口・見下し・罪悪感の植え付け・被害者ヅラ・論点のすり替えなど。

あなたが何を言おうとどれだけ苦しもうと、夫は無関心です。

STEP
自分から離婚は切り出さない

そんな自己愛人間ですが、自分から離婚を言い渡すことはあまりありません。

何ごとも自分の責任にはしたくないから。

陰湿な態度で弱らせ、妻に離婚を言わせます。

  • 離婚はお前が決めたこと
  • 俺はこれだけしてやったのに
  • 自分の発言だから自分で責任とれよ

という態度で、どこまでも自分を正当化します。

妻が自分に嫌われないよう縋る姿勢を見て「こう言えば丸め込める」と学習。

気持ちを理解しないどころか、攻撃的な態度はエスカレートしていきます。

不倫で攻撃的になる理由は妻の「有害化」

妻の有害化

不倫中の自己愛人間は、妻を有害な存在と捉えています。

「有害」だから攻撃する。「有害」でなければ攻撃しません。

サレ妻あんず

でも特に何もしてないよ?辛い気持ちわかってほしいだけ…

実際、妻の行動に有害性はなく、あくまで「自己愛人間にとっての有害」です。

では具体的に、妻のどのような部分に「有害性」があるのでしょうか。

理由1:自己陶酔の邪魔をする存在

自己愛人間は自己陶酔に浸ることが生き甲斐。

【 自己陶酔 】
「俺カッコイイ」「俺は特別」という妄想に浸り、自尊心を満たすこと。

不倫相手は、自己陶酔を満たすための道具です。

せっかく見つけた自己陶酔の道具を手放すことは、何としても避けたい事態。

だからその道具の使用を制限するあなたは「有害」です。

  • 不倫を疑われる
  • 行動を干渉される
  • 行動を制限される
  • 愛情を求められる
  • 感情の理解を強要される

自己愛人間にとってはこれら全て、自己陶酔を邪魔されている感覚

あなたを陰湿に攻撃し丸め込むことで、疑いから気をそらせようとします。

自己陶酔を愛と勘違いする自己愛人間は、俺の愛を邪魔する者としてあなたに敵意を向けるのです。

理由2:醜い自分を自覚させてくる存在

「カッコイイ俺」に浸ることが生きがいな自己愛人間は、「カッコ悪い俺」を受け入れることができません。

醜い自分に向き合えないから。

だから、醜い俺を自覚させてくるあなたを敵視します。

サレ妻あんず

カッコ悪いだなんて言ってないよ。

ラーコ

直接言わなくても、自分の罪を自覚させてくる存在は脅威なんだ。

  • 不倫を責められる
  • 目の前で泣かれる
  • 話し合いを求められる

自分の悪い部分を一切感じたくない自己愛人間にとって、これら行動は全て有害。

逆にあなたに罪悪感を抱かせることで、黙らせようとします。

理由3:自分の醜態が晒される脅威

自己愛人間は、醜い自分が周囲にバレること、また責任を負うことを非常に嫌います。

もともと周りからの評判が良いことも多い自己愛人間。しかしそれも全て、自己陶酔に浸るため。

ラーコ

紳士的に演じてきただけに、不倫という醜態が晒されることは、耐え難い苦痛です。

だから「原因はあなたにある」とあなたの現実感覚を麻痺させることで、言動を抑え込もうとします。

それでもいざ不倫がバレた際(または離婚した際)には、「ヒステリーな妻で気がおかしくなりそうだった」などと被害者ヅラし、今度は周囲の人間を洗脳。

妻を悪者に仕立て上げることで、「醜い自分」を隠し自己陶酔を守りぬくのです。

自己愛人間は、劣等感から目を背けるため、自己陶酔を得ることに必死。自己陶酔を奪う者、劣等感を認識させてくる者は、有害な存在。

不倫夫が攻撃を正当化する5つの心理メカニズム

不倫の正当化

いくら不都合な存在とはいえ、今まで共に歩んできた妻がボロボロになる姿を見て、心が痛まないはずありませんよね。

普通の人間なら。

サレ妻あんず

今まで仲良かったのに、なんでこんなに酷い仕打ちができるの?

ラーコ

彼らは、他人の痛みや人生に興味がないんだ。

自己愛人間が平気であなたを傷つけることができる裏には、自己正当化する心理メカニズムが働いています。

心理1:他者は自己陶酔を得る道具

自己愛人間は、もともと他者への愛情を持ちません

空想上の「カッコイイ俺」に対する愛しかなく、他者はそれを満たすための道具。

共感性はなく、他者を心のある人間と理屈上は理解できても、感情面で理解することはありません。

ラーコ

今までどれだけ優しく愛情深く見えても、それは全て「カッコイイ俺」に浸るためのもの。

  • 優しい俺カッコイイ
  • 妻思いな俺カッコイイ
  • 育児する俺カッコイイ

張本人も、自己陶酔を得るターゲットに愛情を感じています。

しかし本当の愛ではないため、ターゲットが変わった瞬間、いとも簡単に妻を虫ケラ扱いできるのです。

心理2:自分を否定する者がおかしい

自己愛人間は「自分は間違っていない。自分を否定する奴がおかしいんだ」という思考を持っています。

自分の中の劣等感から目を背けていないと、脆い自己を支えることができないから。

全てが自分視点。自分を否定する者は敵。

なので「弱くて有害」な者への攻撃は正当です。

サレ妻あんず

これを言ったら妻がどう思うか考えないの?

ラーコ

考えない。考える必要がないと思ってる。

「いかに自分を守れるか」という視点で常に動いているため、理屈や感情で話が通じる人間ではない。

あなたを丸め込むためなら、どんなおかしな理屈も正当かのように押し通します。

心理3:被害者は自分

本当に信じがたいのですが、被害者は自分の方だと本気で思っています。

そう思わないと罪悪感で押しつぶされ、嫌でも劣等感に向き合わざるを得ないから。

  • 妻がヒステリーでしんどい
  • 責められてばかりで苦しい
  • 俺の恋愛が邪魔されている
  • 俺に自由はないのか
  • あの時〇〇してくれなかった

自己陶酔が思うように得られない状態に憤りを感じ、「悪いのは妻。俺は被害者」と思い込みます。

不倫をしていることは棚にあげ、加害者を攻撃するのは正当という思考です。

心理4:理想化の押し付け

自己愛人間からしたら、自分はイケてる人間です。

だから一度ターゲットから外れた妻のことを、無価値化して見下します。

「お前は、イケてる俺に愛を注がれるに値しない」

言葉にしなくとも心の中に大きなうぬぼれがあり、それが妻への酷い態度を正当化させています。

ラーコ

私も妊娠中から不倫サレ。産後の心身共にボロボロな時期に「女として見れない」と言われました。

大きなショック。でも夫の心を取り戻したい一心で、女としての意識を高めるため、まだ首の座らない娘を抱えながら精一杯のお洒落を意識。

しかしその行為さえバカにされる始末。そしてその数ヶ月後、妊娠中からの不倫を知ることに。

本当に無価値なのは、シタ夫であり不倫相手。

  • ただ目新しい対象
  • 非現実の世界を提供してくれる存在
  • 自分を最大限甘やかしてくれる存在

イケてる俺を実感させてくれる、そんな表面上の理由で「不倫相手=理想の女性」と思い込む。

理想から外れた妻は、思いやる価値のない存在です。

心理5:弱い者から搾取せよ

自己愛人間は、目上の人に弱く、目下の人に強い態度をとります。

サレ妻あんず

目下ってどういうこと?

ラーコ

自分より下とみなした相手。それを弱い存在と捉えてる。

自己愛人間にとっての弱い存在とは「心ある人間」。

よく言えば優しく柔軟性があり、悪く言えば自分に自信のない人間です。

特に妻に対しては、以下のように弱いレッテルを貼ります。

  • どうせ俺から離れられない
  • 俺に嫌われたくないないはずだ
  • 意見に流されやすい奴
  • 大きな反撃はきっとしない
  • 適当に丸め込めばOK

酷い態度をとっても自分に愛情を示し縋り付く妻を見て「こいつを黙らせるのは容易だ」と、弱いレッテルを強めながらエゴを養っていく。

自分を守るためなら、あなたの愛情や思いやりは徹底的に利用。

弱い者の感情は搾取すればOKで、そこに罪悪感はありません。

不倫夫の攻撃から身を守る方法

不倫の攻撃から身を守る

自己愛人間とはできるだけ早く離れるのが一番。

しかし、すぐに離れるのが現実的に難しい場合もあるでしょう。

攻撃から身を守るには、まず心に刻むべきことが3つあります。

  1. 自己愛人間の性質は変わらない
  2. 感情や理屈が通用する人間ではない
  3. これは攻撃ではなく洗脳である

その上で、自己愛人間の攻撃要素「有害・弱い」を排除していきます。

有害=自己陶酔を邪魔する行動
弱い=自己愛人間に縋る態度

それらを自己愛人間の前では見せないようにすることです。

具体的には、

  • 無関心を装う
  • シタ夫の攻撃に反応しない
  • 毅然とした態度
  • 喜怒哀楽を見せない
  • 家事・挨拶・最低限の会話はする

シタ夫は責められるほど、あなたを敵視し態度を硬化させます。

だから「今日も遅いの?誰と会うの?」というような詮索発言はNG。

また愛情を求めたり弱った姿を見せることも、さらに「有害」と思わせ逆効果。

「自己愛人間に嫌われたくない」と縋る心は見透かされ、エゴを養うだけ。

卑劣な手口で攻撃を仕掛けてきても、一旦深呼吸。「これは洗脳だ。自分を守るため私を操作しようとしてる」と自分に言い聞かせます。

そして、無茶苦茶な言葉を浴びせてきても、あなたをちっぽけな存在のように思わせてきても、鬱アピールしてきても、感情的に反論したり悲しむ姿を見せてはいけません

「わかって欲しい」という無意識の感情は、あなたを邪魔します。

サレ妻あんず

そんなの難しいよ。

ラーコ

始めはとても難しいと思う。ただ少しずつで良いから、あなたの意識を変えていって欲しいんだ。

動揺した姿、感情的な姿を見て、自己愛人間はあなたに対し「簡単にコントロールできる存在」という認識を深めます。

  • あなたはそう思ってるんだね
  • そんなつもりで言ってないけどな
  • 気のせいじゃない?
  • 私はそんなこと言ってないよ

と、言葉を受け入れず、毅然とした態度が肝心です。

自己愛人間は他人の感情を喰い物にするので、感情を見せるだけ逆手に取られます。

喜怒哀楽を見せることは、操作する材料を与えているのと同じ。感情を隠すことは、自己愛人間から洗脳手段を奪わせます。

かと言って無視や家事を放棄するなど、怒りを露骨に出す姿勢はアウト。

  • もともと家庭崩壊してた
  • 家事育児をやらない妻だった

と自己正当化する手段を与えます。

ラーコ

私も不倫と戦うと決めてからは、やるべきことはこなし「家庭に向き合ってた妻」の証拠作りをしました。その裏で不倫の証拠をとり、離婚後の準備を進めました。

とはいえ、これらは根本の解決ではありません。あくまで応急処置。

自己愛人間の愛を取り戻すこと、不倫を反省してやめさせることは、期待しないほうが良いでしょう。

身を守りながら、自分の価値観の軸を確立することが必要。

  • 私が本当に大切にしたいものは何?
  • この関係から生まれるものは何だろう
  • 本当にこの状態は子どもに幸せなのか

考え続けることを諦めないでください。

まとめ

優しかった夫が不倫により別人になるのは、自己陶酔の邪魔をされたくないから。

  • 不倫相手との関係を脅かす
  • 醜い自分を自覚させてくる
  • 自分の醜態を晒す可能性がある

そんなあなたの存在は、自己愛人間にとって有害です。

彼らには共感力がありません。

  • 自分を否定する者がおかしい
  • 他者は自己陶酔を満たすための道具

「弱くて有害」な者への攻撃は正当と思っているため、それまでどれだけ優しく見えていたとしても、急に虫けらのように妻を扱えるのです。

彼らは感情を理解できないのではなく、感情を理解する必要がないと思っている。

だから自己愛人間に対し「話せばきっと分かり合える」という幻想を捨てない限りは、間違った対処法で悪循環にハマっていくだけ。

自己愛人間の攻撃は「悪いのはあなた自身」と思わせる洗脳なので、間に受けず、受け流すことが大切です。

その中で、自分の本当に大切にすべきものは何か、問い続けながら今後の準備をするのが良いでしょう。

あなたを攻撃するのは、あなたに問題があるからではない。シタが自分を守りたいだけ。
自分の劣等感に向き合えないから、感情あるあなたを攻撃している。

それを忘れないでください。

そんな愚かな人間から、あなたとお子さんの心、どうか守ってくださいね。

\ これは愛?依存?迷ったらコチラ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる