バレずに正確な追跡◎ GPS完全ガイド ➡︎ click

自己愛性のシタ夫【10の特徴】歪んだ自己愛がもたらす残酷な不倫の闇

不倫する自己愛人間
  • 不倫してるのに悪びれる様子もない
  • 明らかに傷つく妻を悪者扱い
  • 不倫したら急に冷酷で見下す態度
  • 子どもの心や人生なんてお構いなし

もしこれらの態度が思いあたれば、あなたの夫は自己愛人間かもしれません。

今まで優しく魅力的だった夫。

不倫が始まってからの変貌ぶりに愕然とし、虚無感に押し潰されそうな方も多いでしょう。

ラーコ

実は私の元夫も、典型的な自己愛人間でした。

筆者は元サレ妻で、現夫婦心理カウンセラー。

何度話し合いを試みても、自己保身を貫く姿勢に絶望感は増す一方。
歪んだ論理と高圧的な態度により「おかしいのは自分なのか」と思えてくる。

当時は、急に人間味のなくなった夫が全く理解できませんでした。

ラーコ

しかしそれは、自己愛人間の洗脳です。

この記事では、不倫する自己愛人間の特徴を詳しく解説します。

【自己愛人間のポイント】
自己正当化と被害者意識

もしパートナーが自己愛人間ならば、注意が必要。

まともに向き合うほど、あなたの心は弱っていきます

まずは自己愛人間の性質を知り、当てはまるか考えてみましょう。

客観的に性質を理解することが、あなたとお子さんを守ることにつながるはずです。

筆者ラーコはこんな人!
  • 妊娠中から元夫が職場不倫
  • 娘1歳のとき離婚
  • 5年半シングルマザー
  • 現在はステップファミリー
  • 夫婦心理カウンセラー
自己愛人間は
気力の吸血鬼

運営者プロフィール / (@gesumake)

目次

自己愛は本来、健全かつ必要なもの

自己愛

自分を価値ある存在と思えること」は人間誰しも必要な感覚です。

この感覚があるからこそ、自分の感情を受け入れ、他人を思いやることができ、心身ともに健康でいられるもの。

ただそれは、健全な自己愛の場合。

自己愛には、健全な自己愛と不健全な自己愛がある。

ラーコ

世の中には、歪んだ自己愛の塊のような人間がいるのです。

自己愛人間は、自分の欲を満たすため、平気で他者を犠牲にします。

道徳心や倫理観なんてものはなし。

他者への愛はなく、愛するのは自分だけ。

この傾向が非常に強いと、自己愛性パーソナリティ障害と診断されることも。

ラーコ

不倫する人には、歪んだ自己愛を持つ人が一定数存在します。

自己愛性のシタは、全てが自分視点。自分の行いを省みる姿勢がないため、家族が苦しい思いするのは必至です。

歪んだ自己愛により、あなたやお子さんの健全な自己愛が傷つけられていく。

「不倫する人=自己愛人間」とは限りません。パートナーの性質を的確に把握することが大切です。

歪んだ自己愛を持つシタ夫|10の特徴

自己愛性の不倫

ここでは、自己愛傾向の強い不倫人間の特徴をあげていきます。

あなたのパートナーは自己愛人間なのか、判断の材料にしてください。

ラーコ

ちなみに元夫は、10個パーフェクト。

サレ妻あんず

いらないパーフェクトだね。

特徴1:自分を特別な存在と思う

自己愛人間は「カッコイイ俺」に自惚れています。

  • 自分は他人とは違う
  • 自分はモテている
  • 優しい俺イケてる

実際、人に優しく振る舞ったり、容姿も整っていたりと、周囲からの評価が高いことも多い自己愛人間。

しかしそれは「自分が他人からどう見えているか」を異常なほど意識しているから。

目に見える優しさや子煩悩な姿でさえも、「カッコイイ俺」に浸るためであることも。

サレ妻あんず

不倫して家族裏切ってる時点で、全然カッコよくないけどね。

実際にカッコよくなくても、自分を過大評価

  • 不倫はモテるから仕方ない
  • 他人から与えられて当然
  • 妻には俺はもったいない

言葉には出さずとも、本気で思い込んでいます。

特徴2:自分は常に正しいと思う

自己愛人間は、自分視点でしか物事を考えることができません。

自分が正義

なので家族がどれだけ傷つこうと、平気で自己正当化します。

思い通りに物事が進まないと、

  • 機嫌が悪くなる
  • 鬱っぽさを演じる
  • 責任転嫁する

という行動に。

ラーコ

「カッコイイ俺」を演じることには長けているので、気に入られたい相手には、表面上合わせる自己愛人間も。

しかし、自分より下で弱く従順と判断した者に対しては、自分の考えを曲げることはありません。

自分の思いを貫くためには、妻の感情や子ども人生なんてお構いなしです。

特徴3:自分の非を受け入れられない

自己愛人間は「俺を否定する奴がおかしい」という思考です。

ラーコ

「カッコ悪い自分」を受け入れることができないから。

大きなプライドで脆い自尊心を支え「非難=自尊心への攻撃」と捉える。

なので、自分の非を認めることはありません。

明らかに不倫している自分が悪く、家族を傷つけていたとしても、「悪い自分」には耐えられない

  • 俺を指摘する妻がおかしい
  • 行動を制限する妻がおかしい
  • 妻が至らないからダメなんだ

妻に責任転嫁することで、自尊心を保ちます。

いざ自分の不倫を暴露されると、

  • 名誉毀損だ
  • お前のせいで俺の人生台無しだ

など、自分の行いを棚に上げ猛攻撃。

妻子が傷を負おうとも、自分を守ることが最優先です。

特徴4:他人を利用価値で判断する

自己愛人間にとって、女性はアクセサリー感覚

ラーコ

自分の自尊心を満たすために利用できる相手かどうか」を無意識下で判断しています。

お気に入りのアクセサリーは大切にし、しっかりメンテナンス。

ただ、新しいアクセサリーを見つけたり、利用価値を感じなくなれば、それまでのアクセサリーは容赦なく棄てようとします

サレ妻あんず

今まで優しかったのになんで?積み重ねてきた思い出が壊れて何とも思わないの?

まともな感覚を持つ人間には理解のできないことですが、「何とも思わない」が正解。

そのとき利用価値のあるものに対し「愛情」と思い込む。対象には一見思いやりを持って接する。

本当は他者へ向ける愛はなく、あるのは自分を満たしたい欲だけ。自分でもそれに気づいていません。

自己愛人間からしたら、新しいアクセサリー(不倫相手)の使用を制限する者は敵なのです。

「利用価値」はシタの基準。実際、サレの方に価値はしっかりあります。シタは、「新たなドーパミン対象=自分を満たすもの=価値がある」と捉えます。

>>ドーパミンの闇と不倫の関係性

特徴5:共感性の欠如

人は「思いやりには思いやりで応える能力」を持っています。

しかし自己愛人間にはその能力がありません。

ラーコ

むしろ、こちらの思いやりや優しさを平気で搾取します。

他人の傷より自分の欲

だから、妻があからさまに傷ついていても不倫を続けるし、傷ついた妻に対し、自分を守るために平気で酷い言葉を浴びせ続けます。

通常の人間からしたら、何かあると、

  • ちょっと言いすぎたかな
  • 悪いことしたかな
  • あとで謝ろう

と思うもの。

しかし自己愛人間に罪悪感は一切ありません

理論上悪いとは理解できても、感情面では「大して悪くない」と思っています。

ラーコ

厄介なのは、共感性があるフリはできること。

たまに見せる寄り添いや優しさ、不倫がバレた後の謝罪でさえも、自分の利益を守るためであることが大半。

そしてすぐに横柄な態度は復活。

全ての感情は他者ではなく、自己利益に向いています。

家族の心の傷は見てみぬフリで、子どもの人生も関係なし。

  • 優しく接すれば変わるはず
  • 辛い気持ち理解してくれるはず
  • 子どものために変わるはず

それは幻想でしかありません。

特徴6:相手を下げて自尊心を満たす

自己愛人間は、見下し・冷酷な態度・威圧により相手を下げることで、優越感に浸ります。

ラーコ

相手の自尊心を下げることで、自分の自尊心を高めるから。

他者からのコントロールを嫌い、他者を自分のコントロール下に置こうとします。

それは家族であっても同様。

不倫で傷つく妻に対し、

  • 女としての自覚が足りない
  • 自立していない
  • どうせお前は変わらない

のような卑劣な言葉を浴びせます。

妻の優しさを利用し弱らせ、優越感に浸りながら、自分は責められることなく不倫続行。

一度コントロールに成功すれば、シタの横柄な態度と心無い言葉は加速。

シタのエゴが膨らむのと引き換えに、サレはじわじわ鋭気が吸い取られていきます

特徴7:自分の言動は評価されるべき

不倫する自己愛人間は、クレクレちゃんです。

自分は特別な存在と思っているので、評価されて当然と考えます。

不倫して家庭を顧みず、いてほしい時にはおらず、妻の心を壊し、家事育児押し付け不倫三昧。

ラーコ

にも関わらず、自分がしてあげた行いはネチっこく覚えています。

  • こんなに色々してるのにこれ以上何を求めるの?
  • お前は仕事への理解が足りないね
  • あのとき〇〇してあげたよね

妻の大きな労力は過小評価し、自分の小さな行動を過大評価。

いくら妻が相手の行いに感謝し、労い、相手を立てることのできる人だとしても、シタは自己保身のために「求めすぎなお前が悪い」と責任転嫁するのです。

特徴8:被害者意識が強い

被害者意識は、自己愛人間の最も大きな特徴の一つ。

自分の非を認められない性質を持っているため、「かわいそうな俺」を演じることで自己保身を図ります。

不倫をする自分が悪くても、自分が悪者になることは耐えられません。

  • 自由がなくて辛かった
  • お前が俺にそうさせた
  • コソコソ監視されて怖かった

あたかも被害者は自分で、不倫サレた妻を加害者に仕立てあげようとする。

そんなシタの言葉を信じる義両親はじめ周囲の人からしたら、現実が錯誤し、悪者が逆転

なぜかサレが加害者扱いされ、肩身の狭い思いをするのです。

サレ妻あんず

子どもの将来を考えながら必死で動いてるのはサレなのにね。

特徴9:相手に罪悪感を植え付ける

自己愛人間は、被害者ぶることで相手に罪悪感を植え付け、自己正当化を図ります。

  • 勝手にスマホ見るなんて犯罪だよね?
  • 疑われ続けたらおかしくなりそうだよ
  • 残業で疲れてるのによくそんな疑いかけられるね

あからさまに責め立てるより、相手に罪悪感を感じさせることで黙らせようとする。

サレ側は優しく思いやりがある人が多いため、自分を責めがち

  • 私がおかしいのかな
  • これ言われたら嫌な気持ちになるよね
  • 私が至らないのがいけなかったのかな
ラーコ

しかしそれは、シタが自分を守るための戦略。

シタの戦略にハマれば、サレ側のあなたが自己嫌悪から抜け出せなくなってしまいます。

特徴10:事実をねじ曲げ正論ぶる

自己愛性のシタとの会話は成り立ちません。

全てが自分視点。都合の悪い部分ははぐらかし、絶妙に事実を歪めて正論のように論じます

  • お前の考えすぎ
  • そんなつもりで言ってない
  • そんなこと言った覚えがない
  • 解釈の違いだよね
  • 自分たちの話なのに「普通は」って言うのおかしくない?
ラーコ

何かがおかしいと思いながらも、上手く論点をすり替えられ、こちらの理解が追いつきません。

明確な矛盾点を突けないまま、いつの間にか悪者扱いされる始末。

会話が成り立たない理由は明確です。

シタ ➡︎ 自分を守りたい
サレ ➡︎ 家族を守りたい

シタの目的は、ひたすら自己保身。適当に丸め込んで逃げたいだけ。

それに対しサレ側は、子どもの心や家族の今後、自分のやりきれない感情など、家族を守るために建設的な話し合いを望みます。

自己愛人間とまともに話し合うことは不可能。

わかり合おうとするほど、歪んだ自己愛の沼にハマります。

歪んだ自己愛と不倫の関係性|自惚れと共感力の欠如

歪んだ自己愛不倫

自己愛人間の不倫は、「カッコイイ俺」への自惚れから始まることが多いもの。

夫婦仲や妻への不満が原因であることはほぼありません。

  • 仕事で評価された
  • 女性と仲良くなった
  • 子どももマイホームも得て、全てを手に入れた

実際のカッコ良さとは関係なく「俺まだまだイケる」という謎な自信を持ったとき、不倫は簡単に始まります。

サレ妻あんず

普通なら、家族の顔が頭に浮かんで思い留まると思うけど。

ラーコ

自己愛人間は共感力がないから、妻が悲しむ、子どもの人生を壊すなんて、想像できないんだ。

また自己愛人間は「女性はこうあるべき」という、勝手な理想像を抱きがち。

欲にハマるほど、家庭という現実世界にいる妻への魅力は薄れ、外で着飾る女性に理想像を当てはめます。

サレ妻あんず

必死で育児に仕事もしながら家庭守ってるのに、身勝手だよ。

自分を満たすものを手放せず、また自分を責めるものから身を守るため、自己保身は加速

  • 私がもっと良い妻でいれば…
  • 私がもっと我慢すれば…
  • 私がもっと魅力的なら…

と、シタの言葉を盲信し、寄り添ったところで、元の夫に戻ることはありません

原因は元々そこにないのですから。

信じる心は搾取され、シタのエゴを助長させるだけです。

自己愛人間は大きなプライドを持った心の弱い人間

プライドの塊

自信満々で威圧的な態度をとることの多い、自己愛性のシタ夫。

しかしその裏に潜んでいるのは、自分の不完全さを受け入れることのできない、とても心の弱い人間です。

目に見える自尊心は偽り。本当は自分に自信なんてありません。

心の弱さで不倫をしても、非難に耐えるだけの精神力はなし。妻を陰湿に攻撃することで脆い自己を守っています。

ラーコ

他人の犠牲の上にしか自尊心を保てない、ちっぽけで哀れな人間です。

サレ妻あんず

中身の小さな人間が必死でエゴの風船膨らませているだけなんだね。

怯えることはありません。大きな姿は虚像です。

不倫はあなたの問題ではなく、シタの心の問題。自分の自己を守るために責任転嫁してるだけ。

あなたとお子さんの健全な心を、醜いシタの心で汚染されてはいけません。

まとめ

不倫する自己愛

歪んだ自己愛を持つシタ夫は、いくら虚栄を張っていても、本当はとてもちっぽけな存在。

不倫する自己愛人間の特徴
  1. 自分を特別な存在と思う
  2. 自分は常に正しいと思う
  3. 自分の非を受け入れられない
  4. 他人を利用価値で判断する
  5. 共感性の欠如
  6. 相手を下げて自尊心を満たす
  7. 自分の言動は評価されるべき
  8. 被害者意識が強い
  9. 相手に罪悪感を植え付ける
  10. 事実をねじ曲げ正論ぶる

こんな人間が不倫をすれば、自己正当化被害者意識のオンパレードです。

  • 妻の心の痛み
  • 子どもの人生

そんなものが壊れようと自分が全て。

「話し合えばきっとわかる」は幻想です。

自己愛人間をまともな人間と思い向き合うほど、あなたの自尊心は次第に壊れ、気力・思考力が奪われていく。

どんなに責任転嫁されようと、心にバリアを張りましょう。

  • これは私の問題じゃない
  • 今、私を操作しようとしているな
  • 大きな2歳児が癇癪起こしているな

決して間に受けないことが大切です。

ラーコ

必死で家族を守ろうとしているあなたの心が、自己保身しか考えない奴なんかに、侵略されてはいけません。

あなたとお子さんの健全な自己を守れるのは、あなただけです。

下記の記事では、自己愛人間が使う操作手口&対策を紹介しています。具体的な攻撃手法とその意図を把握することが、身を守ることに繋がります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる