バレずに正確な追跡◎ GPS完全ガイド ➡︎ click

妊娠中、私はサレ妻になった|重いつわりの裏で始まる裏切り〜ゲス戦記第2話〜

ラーコ

当サイト運営者のラーコ(@gesumake)です。

私は元夫の不倫により離婚
約6年間のシングルマザー歴を経て、現在はステップファミリーとして再出発しています。

自分とは無縁と思っていた不倫。

それは突然我が身に襲いかかります。
夫婦の歴史も家族の笑顔も、一瞬で消え去る破壊力。
サレた側の心はズタズタに引き裂かれる。

この『ゲス戦記』では、私自身が不倫と戦った記録を、シリーズで描いています。

▼▼今までの話はコチラから▼▼

【これまでのゲス戦記】

第1話>>まやかしの幸せ前回の話

職場の同僚だった元夫。
結婚して1年半後に妊娠が判明。

新しい家族が増えるんだ…!

私の心は温かい感情でいっぱいでした。

運営者プロフィール / (@gesumake)

目次

数ヶ月にも及ぶ重いつわり

妊娠が判明してすぐ、つわりが始まりました。

  • 何も食べられず・飲めれず
  • 常に吐き気
  • 吐くものがなくなり胃液を吐く日々
  • 食道が荒れ、痛みと吐き気で眠れず
  • トイレを抱え込み夜を明かす

執念で仕事へは行っていましたが、職場でもトイレにこもる状態。
通勤途中で、車を運転しながらビニール袋に吐くこともありました。

家でも家事はほとんどできず。
毎日が過ぎ去るだけで必死。

ラーコ

当然、夫との行為もできなくなりました。

私のつわりは長い方だったようで。
そんな状態が、5ヶ月ほど続きました。

体調を気づかい支えてくれる元夫

つわりの間もホラーマンは優しく、私の体調を気づかってくれました。

  • つわりに効くものを調べてくれる
  • 点滴に付き添ってくれる
  • 家事はほとんどやってくれる

仕事が忙しい中でも私の体調を気にかけ、家事もこなすホラーマンに、とても感謝していました。


つわり真っ只中、私の大切な友人の結婚式がありました。

電車で1時間弱の距離。
動くのもやっとの状態。ですがどうしても参加したかった私。

ホラーマン

今回はやめたほうが良い。身体が大事だよ。

ラーコ

大切な友達だから行きたいんだ。

ホラーマン

わかった。でもそんな状態で電車は無理だよ。車で乗せていくから。

車で片道1時間以上かかる距離を、送迎してくれるホラーマン。

意識がもうろうとした状態での結婚式ではありましたが、大切な友人の結婚を祝え、嬉しく感じました。

と同時に、ホラーマンの優しさを再認識。

ラーコ

迷惑かけてごめんね。いつも本当にありがとう。

ホラーマン

全然大丈夫。気にしない♪

この人と結婚して、本当に良かった…!

つわりの裏で始まる裏切り

妊娠6ヶ月にもなると、少しずつつわりがやわらいできます。

今までホラーマンに任せきりだった家事も、取り戻すかのように私がやるようにしていました。

身重ながらも、仕事で帰宅が20時以降になることもしばしば。
そこからの夕食づくり、洗濯、仕事の準備など。

大変ではありましたが、

  • ホラーマンがいてくれる
  • 新しい家族に出会える

それを励みに頑張れました。

ラーコ

ですがこのとき、すでに夫の不倫は始まっていたのです。

ホラーマンを完全に信頼していた私は、全く気づかず。

ですが、予兆はちゃんとありました

予兆① ワイシャツにファンデーション

ある日の夜、洗濯物を干していると…
仕事のワイシャツの肩付近に、ファンデーションらしき汚れを発見します。

疑うことを知らない私は、冗談でホラーマンに聞きます。

ラーコ

あれ〜シャツにファンデーションついてるよ!どこでつけてきたんだ〜?笑

ホラーマン

あれ?本当だ汚れてるね。何の汚れだろうね。笑

動揺も見せないホラーマンと、2人で笑いながら話していました。

予兆② 外泊が増える

それまで外泊なんてほとんどしたことのないホラーマン。
妊娠後期、里帰りまでの2ヶ月間で、3回ほどの外泊がありました。

ホラーマン

仕事の行事で朝早いんだ。会場が実家の近くだから、実家に泊まってくるね!

ホラーマン

大学の友人たちと夜中まで飲むことになったから、泊まってきても良い?

事前に私に説明した上で泊まりに行きました。

ラーコ

大丈夫だよ。こっちは気にせずゆっくりしておいで!

  • 普段から各々の時間も大切にしていた
  • つわり中の夫の優しさに感謝していた
  • 完全に信頼しきっていた

ゆえに、外泊も得に不満ではありませんでした。

外泊中も私に連絡をくれており、まさか女と泊まっているなんて、微塵にも思っていませんでした。

予兆③ 里帰りの予定を早める

出産予定日の1ヶ月前に里帰り予定だった私。

仕事の育休は、出産予定日の1ヶ月半前から。
育休に入るとき、ホラーマンが提案します。

ホラーマン

育休に入ったらすぐ里帰りしても良いよ?自分も帰るの遅いし、身体に何かあっても対処できないと心配だから。

もともとの予定よりも、2週間早く里帰りすることに。

私の体調を気づかってのこと。
このときも、ホラーマンの優しさに感謝していました。

ラーコ

「ただ気兼ねなく女と会いたかっただけ」とは知らずに…

変わらない夫婦仲

つわりの裏で始まっていた不倫。
しかし、ホラーマンの私への態度は全く変わらず、夫婦仲も相変わらずの良さでした。

たくさん冗談言って、たくさん笑い合う。
仕事の話も聞いて励まし合う関係。

お腹の子どもにつけた仮の名前を、2人でよく呼びかけていました。

ホラーマン

ミー子元気に生まれてこいよ〜!

ラーコ

あ、今ミー子動いたね!きっと元気いっぱいな子だよ!

出産への怖さはもちろんあります。
しかし、ホラーマンの存在が心強くもありました。

家族3人での生活が楽しみでした。

ミー子…生まれてきたら、2人でちゃんと守るからね。安心して生まれてきてね。

初期段階で不倫に気づけば結末は違ったか

この頃もしホラーマンの不倫に気づいていたとしたら、今とは違う未来が待っていたのかもしれません。

不倫を止められたかもしれない。
もし止まらなくても、ホラーマンが家庭を捨てる選択はしなかったかもしれない。

ラーコ

それはまだ、結婚生活>不倫相手』の状態だったから。

なんで気づかなかったんだろう」と何度も思いました。

しかし、今となっては確信できます。

このとき不倫に気づいたとしても、結局同じような結末になっていた

ということを。

なぜそう言えるかって?

ラーコ

それは、この後ホラーマンの『人間としての愚かさ』をとことん思い知ることになるから。

無常で卑劣な心の殺人を繰り返しても平気な、ホラーマンを目の当たりにするから。

だから、この不倫を終わらせたところで、いつかまた裏切りは起こる。
簡単に家族の心を踏みにじる。

時期は違えど、ホラーマンとは離れる結末になっていた。

そう確信しています。

つづく

▼▼次の話を読む▼▼

▼▼第1話から読む▼▼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる