バレずに正確な追跡◎ GPS完全ガイド ➡︎ click

【女として見れない】産後妻に興味なし|芽生え始めた疑惑〜ゲス戦記第5話〜

ラーコ

当サイト運営者のラーコ(@gesumake)です。

私は元夫の不倫により離婚
5年半のシングルマザー歴を経て、現在はステップファミリーとして再出発しています。

自分とは無縁と思っていた不倫。

それは突然我が身に襲いかかります。

夫婦の歴史も家族の笑顔も、一瞬で消え去る破壊力。サレた側の心はズタズタに引き裂かれる。

この『ゲス戦記』では、私自身が不倫と戦った記録を、シリーズで描いています。

▼▼今までの話はコチラから▼▼

【これまでのゲス戦記】

第1話>>まやかしの幸せ
第2話>>つわりの裏の裏切り
第3話>>出産日のお泊まり不倫
第4話>>別人と化した夫前回の話

里帰りも終わり、家族3人での生活がスタート。
再び一緒に暮らし始めた夫は、以前の夫とはまるで別人に。

娘にも私にも無関心。目も合わせない。

あんなに笑い合っていた夫。
どうしちゃったんだろう。

仕事が大変な夫の気持ちを汲みたいと思いつつも、慣れない育児と孤独感に疲弊していく私。

心も身体も限界でした。

運営者プロフィール / (@gesumake)

目次

理解不足?葛藤とためらい

なぜホラーマンは変わってしまったの?

ラーコ

ホラーマンの状況を理解しなきゃと毎日考えました。

しかし私自身、

  • ミー子の育児の疲れ
  • ホラーマンの心が見えない虚しさ
  • 話す人間のいない孤独感

心身ともに追い詰められている状態でした。

そして考えます。

我慢し続けることが正解…ではないよね?

ホラーマンも何か思うことがあるのかもしれない。

お互いの状況や気持ちを知ることから始めないと、修復できない溝になってしまうかもしれない。

ラーコ

このままじゃ家族が壊れる。
気持ちを抑えることが、正解ではないはず。

ホラーマンに気持ちを打ち明けることにしました。

想いを打ち明けるも、絶望へ

自分の気持ちを伝える

夜、ミー子が寝た後、ホラーマンに話しかけます。

ラーコ

いつも仕事ありがとう。最近忙しそうだけど大丈夫?

ラーコ

実は、最近ふたりの関係が変わったようで、寂しいんだ。

ホラーマン

別に何も違わないでしょ。
考えすぎじゃない?

  • 夫婦の会話がなくなった寂しさ
  • ミー子に関心がない悲しさ
  • 育児の不安や孤独感
  • 休日だけでも一緒の時間がほしいこと
  • お互いの感情を理解したいこと

ホラーマンに伝えました。
決して責める気持ちはありません。

ホラーマン

それだけ?もういい?

ラーコ

え…

ホラーマン

仕事で大変な時期なんだよ。来年は昇進もかかってる。今仕事でバツが付いたら困るんだ。わかってたらそんなこと言わなくない?

あまりにも冷酷な反応。

この人はどうしてしまったんだろう。
それとも私がおかしいの?

夫の本心に絶望

悲しみだけが込み上げます。

ラーコ

外で頑張ってきてくれてること、わかってる。でもホラーマンの気持ちが見えないの…。

ラーコ

家族大事?私への感情は前とは変わっちゃった?

涙が溢れます。

そしてこの後、絶望に突き落とされます。

ホラーマン

気持ちが変わったというか、女性としては見れなくなったかな。

…女性として見れない?

  • 同じ服を着回し、オシャレさが減った
  • アクセサリーもつけなくなった
  • 女性としての意識の低下

理由をあげるホラーマン。

ラーコ

だから女として見れないの?

ホラーマン

女というより「母」って感じ?ずっと恋愛が続くなんて、普通ないでしょ。

ホラーマン

子どもが生まれて、家族になったってことじゃない?

私は女じゃないの…?
家族って無関心になることなの…?

ショックでこれ以上何も言えませんでした。

女ではなくなった妻

話し合い後、ミー子の待つ寝室に入る私。
当然眠れるはずがありません。

一晩中、泣き続けました。

途中でミー子も起きます。
泣きながら暗闇でミー子をあやし続けました。

悲しさと悔しさで、心はグチャグチャ。

オシャレが足りない?
ミルク吐かれる、うんちの匂いは付く、アクセサリーなんて引きちぎられる。
子どものお世話もしたことない奴が、何を言うの?自分ばかりオシャレして週末いなくなるじゃない…。

そして何より、

「女として見れない」

ラーコ

この言葉が胸に突き刺さり、心が壊れそうでした。

子どもを産んだら女じゃなくなるの?
ただ、この先も一緒に笑い合っていたかった。これが「家族」なの…?

ホラーマンの心はもうないのに、私の心だけ残ったままでした。

寄り添うほど実感する距離

それから毎日、ひたすら泣きながら、ひとりでミー子のお世話をする日々。

優しかったころのホラーマンを思い出しては、現状に絶望していました。

ラーコ

しかし、この状態をなんとかしなきゃとも思いました。

  • 感情がなくなるのは自然現象なら、責めちゃいけない
  • できる範囲でオシャレをしよう
  • 仕事の負担になってはいけない
  • 安心できる家庭にすれば、状況は変わるのかも

精神状態がギリギリの中、ホラーマンに寄り添うことに。

他人を変えようとしない。
まず自分が変わらなくちゃ。

ホラーマンと、笑顔のある家庭を取り戻したかったのです。

育児の中でもオシャレに気をつかい、笑顔で接して、家事も完璧にこなすようにしました。

ラーコ

しかし、ホラーマンには全く響きません。

それもそのはず。
原因はすでに別のところにあるのですから。

伝わらない、届かない、虚しさ。

ホラーマンの前では笑い、いない時は常に涙が溢れる状態。

壊れそうでした。

誰にも言えませんでした。
心配をかけたくありませんでした。

初めて抱く、疑いの心

そんな毎日が続くある日。

ホラーマン

久しぶりに会う友達と飲むから遅くなる。

そう聞いていた日の深夜1時頃

いつものように暗闇で泣き叫ぶミー子のお世話。

助けて。早く帰ってきてほしいよ…。

そう思いながら、ふと、ある疑念が頭をよぎりました。

もしこれが、友達ではなく不倫だったら…?私とミー子がこんな状態の中、嘘ついて女と楽しんでいたとしたら?
…ありえない。

ラーコ

このとき、初めて頭に「不倫」の文字が浮かびました。

しかし、私の知るホラーマンは誠実な人。
そこまで非情な人間ではないはず。

信じたいと思いました。
ですが日に日に疑心感が強まります。

ホラーマンのさまざまな変化。
不倫が原因とすると、全て妙に納得がいったのです。

  • 急に冷たくなったこと
  • 週末の行事が急に増えたこと
  • 帰宅時間が遅くなったこと
  • 私には一切触れないこと
  • スマホをトイレやお風呂にも持ち込むこと

きっと不倫ではない。

でももし本当に好きな人ができたなら、本人の口から聞きたい。
その上でどうすべきか考えたい。

ホラーマンに直接確認することにしました。

つづく

▼▼次の話を読む▼▼

▼▼第1話から読む▼▼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる